SEO対策ではサイト内のコンテンツの成長が勝敗を決める

SITEMAP
パソコンを使用している人

ワードサラダはSEO対策としては逆効果

SEO対策の手法の1つとして知られるワードサラダは、検索キーワードを取り入れて文章を自動生成するというものです。
ワードサラダによってコンテンツを作ったウェブサイトを大量に作成し、本命のウェブサイトにリンクを張ることで検索エンジンからの評価を高める、という狙いのあるSEO対策です。
自動生成ということで手間がかからず、一見すると有効に見える手法ですが、SEO対策としては逆効果になることが多いのでおすすめしません。
なぜ逆効果なのかと言えば、ワードサラダの文章は文法は正しいものの、具体的な内容が意味不明なものになるからです。
意味不明な文章でも検索エンジンからの評価が高くなるなら良いのでは、と考える方もいるかもしれません。
確かに以前の検索エンジンのアルゴリズムであれば、そういった文章でも評価を得ることは可能でした。
しかし、検索エンジンの意味不明な文章を判別する能力はアップデートを重ねるごとに向上しており、ワードサラダは質の低いコンテンツと判断される可能性が高いです。
さらにSEO対策のため、意図的に作成されたウェブサイトと判断されれば、ペナルティの対象となることも考えられます。
そうなると本命のウェブサイトもペナルティを受ける危険性が高く、検索結果から排除されるリスクも出てくるため、ワードサラダを活用したSEOはやめておいた方が良いのです。

choices post

sub menu